家計から考えるがん保険の見直し方 2

株式会社FPフェアトレード・ジャパンのブログ


家計から考えるがん保険の見直し方 2

今日も昨日の続きでお客様からお電話いただいた
がん保険の見直しについて書いていきます。
私が考えるのはどうやって家計を守るのかです。

父親が白血病で4ヶ月の入院をしているときに
1番大変だったのは住宅ローンの支払いです。
まだ入院していたのでいいほうです。

入院していれば高額療養費に加えて、医療保険がありますので
月に100万円以上の病院代だったですが問題ありません。
しかし住宅ローンは待ってはくれません。

入院中に傷病手当金があるといっても100%の給料で
一生懸命生活しているのです。
それが約6割になったら住宅ローンは重荷です。

わたしががん保険に求めるものはなにか
それは『住宅ローン』『教育費』の補填です。
この2つが払えれば家計はなんとかなります。

結論を言えばがん保険に求めるものは
『診断給付金』です。

ガンと診断されて200万円〜300万円ぐらいほしいです。
診断給付金は『住宅ローン』にも『教育費』にも使えます。
もちろん入院や通院の治療費にも使えます。

もう1つ。複数回出ること
やはりガンは再発の心配があります。
複数回でないとやはり家計に不安が残ります。

もちろんがんに対して保険ありきではありません。
1番いいのはもちろん現金です。
がん保険はがんにならないと使えませんが
現金は『オールマイティ』です。

そしてもう1つがん保険を選ぶ条件があります。
私がガンになったときの心配『お金』については以上ですが
もう1つの心配が命についてです。

次回はセカンドオピニオンサービスについて書いていきます。

ファイナンシャルプランナー
永野 修
http://fpft.jp/


この企業へのお問合せはこちらから

株式会社FPフェアトレード・ジャパンのに関するお問い合わせ

コメントをお願いします

カレンダー

« 201812月 »

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

月別ブログ一覧

カテゴリ別ブログ一覧



ファイナンシャルプランナー  »  株式会社FPフェアトレード・ジャパン