世界はきっと望む人の望みを叶えるべく動くことになる。世界の人が望めばそれが商いになる。知人は奥さんと共に楽しそうに犬を連れて行った時にはすでに望みの世界にいた。職場でもすでに望みの世界にいる人がいた。しかし人は望みが叶うと飽きる。飽きない、商い、空きない、厭きない。つまりどこかで限りない欲望にさいげんがある。夫婦は欲望を叶える一つの装置のようなもの。世界中から欲望を集めてくると日本人はまだまだ欲望が世界に比べて足りない気がする。それをあまちゃんだというのならば人は日本人をしっかりものだと思うようになるだろ

株式会社オリエントのブログ


世界はきっと望む人の望みを叶えるべく動くことになる。世界の人が望めばそれが商いになる。知人は奥さんと共に楽しそうに犬を連れて行った時にはすでに望みの世界にいた。職場でもすでに望みの世界にいる人がいた。しかし人は望みが叶うと飽きる。飽きない、商い、空きない、厭きない。つまりどこかで限りない欲望にさいげんがある。夫婦は欲望を叶える一つの装置のようなもの。世界中から欲望を集めてくると日本人はまだまだ欲望が世界に比べて足りない気がする。それをあまちゃんだというのならば人は日本人をしっかりものだと思うようになるだろ

世界はきっと望む人の望みを叶えるべく動くことになる。世界の人が望めばそれが商いになる。知人は奥さんと共に楽しそうに犬を連れて行った時にはすでに望みの世界にいた。職場でもすでに望みの世界にいる人がいた。しかし人は望みが叶うと飽きる。飽きない、商い、空きない、厭きない。つまりどこかで限りない欲望にさいげんがある。夫婦は欲望を叶える一つの装置のようなもの。世界中から欲望を集めてくると日本人はまだまだ欲望が世界に比べて足りない気がする。それをあまちゃんだというのならば人は日本人をしっかりものだと思うようになるだろう。貪欲に求めないのはある程度のことがすでに満たされているからだろう。何を望み何を望まないかそれが大切であり、それを叶える給料も世界の給料から比べると決して高くない。そのバランスが取れているからどこかで満たされることが満ち足りることが人間にとって満たされない欲望とは考えさせられることである。そして家を建てることに一生懸命だった世代は家を建てると他の欲望へと向かうことが限られてくる。家を建てて満足するのではなく
長き返済への頑張る気持ちを奮い立たせることを奥様が今日もがんばってねと言って日々が過ぎていく。家を建てたのだから家の支払いはすでに何千万の欲望を使い果たしたのだからこのことを理解しないと日本人は家をローンでそのローンを借りた時にすでに何千万もの欲望を使い果たしているそれくらい強烈な欲望をはたしたのだから。頑張ってねということになる。人参をぶら下げて馬が走るというがローンを出来たらたてられるねというのは人参をぶら下げて走るに似ているがローンは借り物だから返済が終わるまではにんじんはお預けよって言われればそうだまだ食べられない人参を目の前にしている感覚が昔の人はよく考えたな。しっかりと貯めてから家を建てて家を建てるために頑張って働いてきたから家が自分のものになった。経済が上向きになるには消費がされて給料をもらう人が増えると消費が上向く、家でいっぱいの人が消費を進めて給料がということは家を建ててくれた人が消費をしっかりとしてくれらばいいのか、ならは自ずと家の価格がとなり家が安ければ家にかからない分消費がとなると思われる。だって家が高い人が消費して給料が色んな雇用が生まれると思われますか。


この企業へのお問合せはこちらから

株式会社オリエントのに関するお問い合わせ

コメントをお願いします

カレンダー

« 202112月 »

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

月別ブログ一覧

カテゴリ別ブログ一覧



賃貸不動産  »  株式会社オリエント